オーガニックコスメのUV機能は十分なものなのか心配…

お肌をきれいに保つために多くの女性が気を使っているのがuv対策です。しかし、uv対策のために紫外線吸収剤や美白剤、合成界面活性剤などといった化学成分の多いコスメはあまり使いたくないですよね。そこで、オーガニックコスメならば天然成分が主体なので肌を健康にしながら、同時にuv対策をすることができます。しかし、オーガニックコスメは本当に効果があるのか不安な方の多いことでしょう。uv対策をするうえで、惑わされてはいけないのがspf値です。これは高ければいいというわけではありません。黄色人種であるアジア人は、欧米人に比べて紫外線のリスクは低いです。ですのでそこまで高くなくても通常真夏でもspf15あれば十分なのです。spf15位ならば天然成分のオーガニックコスメでも十分にカバーすることができます。こまめに塗り直したり、帽子や日傘を使ったりなどの工夫をするとより効果を得られるでしょう。一般の化粧品は合成成分が含まれており、肌のバリアを壊してしまいます。これは、いわば皮脂バリアでこれが壊れてしまうと肌がが無防備になってしまい、紫外線をうけるとダメージを受けてしまいます。これがシミやくすみの原因となります。オーガニックコスメならば、天然成分が主で合成成分が含まれていないので皮脂バリアを壊すことはありません。また、派手の再生能力を促すことのできる植物成分を含んでいるので、uv対策の効果は十分にあるのです。