総量規制対象外でお金を借りる方法とは

お金を借りる方法はさまざまありますが、金融機関から無担保ローンでお金を借りる場合に注意しておきたいのが、総量規制です。総量規制がある金融機関では年収の3分の1までしかお金を借りることができません。
しかし総量規制はすべての金融機関と商品に決められているものではありません。銀行の総量規制対象外カードローンはもちろん総量規制対象外ですし、不動産担保ローン、自動車担保ローン、高額医療の貸付なども同様に総量規制対象外となっています。有価証券を担保とするローンも総量規制対象外で、総量規制対象となるものは銀行以外の金融機関から借りる無担保ローンだと覚えておくと良いでしょう。ただしそうした総量規制対象の金融機関でも、事業者向けのビジネスローンや、借主に一方的に有利になるような借り換えも総量規制対象外となっています。金融機関ではありませんが、質屋さんからお金を借りる場合も総量規制の対象外です。
もし何か担保にするものがあるのであれば、それを担保に入れることでお金を借りると良いでしょう。無担保ローンと違って担保のある借り入れは、金融機関側のリスクも少なくなり、結果として低い金利で借りることができるようになります。もちろん返済ができなくなってしまったら所有権が移ってしまいますが、しっかりと返済する見通しがあるのであれば有利な条件で借り入れをしたほうが、負担を小さくすることができます。総量規制対象ではありますが、もし配偶者の許可が得られるのであれば、2人分の年収を基準年収として、3分の1までの借り入れをすることもできます。